いちよし証券 新卒・中途・障がい者採用情報

  • 店舗案内

人との出逢いから喜びや学びを感じてきた / MICHIKO KITA

就職活動を振り返って

私が就職活動をした2010年は、リーマンショックの影響で、それまでの売り手市場から一変し、企業からの内定取り消しや就職浪人者の増加と、楽な環境ではありませんでした。
そんな中、私は営業職に絞り就職活動を始めました。なぜ営業職なのか?働く軸とはなんだろうと自身に問いかけた時に、「人との出逢い」から喜びや学びを感じてきた事に気付き、頭に浮かんできたのが、「営業職」でした。就職活動の日々は、インターンシップや説明会に参加したりとがむしゃらに走り回っていたのを覚えています。ある日、選考の中で私を金融業界へ導いてくださった方との出会いがありました。ある金融機関の営業部長を務める女性です。「金融機関は形あるものを扱う仕事ではありません。だからこそ、担当者一人一人が常に向上していかなければならない」とお話をいただきました。その方のお言葉が胸に響き、本格的に金融業界の営業職を目指すことになりました。

証券会社を選択したのはなぜですか?

証券会社は、株式を通して資本市場の架け橋となれるからです。私が参加したインターンシップの中で、地方の中小企業へ職場訪問する機会がありました。正直申し上げると、名前も聞いた事がない会社でしたが、世界シェアを持ち、その分野ではなくてはならない会社でした。担当者の方の熱い思いや企業の技術力に心打たれ「こんな会社を応援していきたい」と強く思いました。この経験がきっかけとなり、証券会社への道を選択しました。

なぜ、いちよし証券だったのか?

日本に証券会社は約260社あります。私の中で軸が定まってからは、複数の証券会社の説明会に足を運びました。しかし、抱いた感想は「どこも同じ」。特色が見えませんでした。そんな中、いちよし証券の説明会に参加し、私が携わりたいものが、いちよし証券にはあると確信したのです。いちよし証券では、中小型株のリサーチをしており、その優れたリサーチ力は他社にはないものだと感じました。証券会社の中でも、ここまで中小型株に携われる会社はないと魅力を感じ選考に進む事を決めたのです。

仕事の楽しさ

人との出逢いです。ひとりのお客様との出逢いで大きく変わるのが証券業界です。目まぐるしく変化するマーケットについていくために新しい情報を得る事はもちろん、お客様の考え方や今までのご経験を伺う事はすごく勉強になります。お客様との出逢いがあるからこそ、私はこの仕事にやりがいを感じています。お客様となっていただける方を探す事からが始まりです。「待っていても、何も始まらない」この仕事で学んだ事です。是非、皆さんにも人生を大きく変えるお客様との出逢いをしていただきたいと思っています。

就活生へのアドバイス

就職活動という限られた時間を大切にしてほしいです。不安な事もあるかと思いますが、就活生という事を活かして沢山の先輩方に話を聴きにいって下さい。先輩方も通ってきた道ですので、きっと優しく迎えて下さいます。

Q&A 就活中のみなさんの疑問に私がお答えします!

いちよしって、こんな会社
家族のような!個性豊か!
いちよしに向いている人は?
変化を楽しめる人!人が好きな人!
好きな言葉は?
努力はチャンスの幅を広げる!