いちよし証券 新卒・中途・障がい者採用情報

  • 店舗案内

挑戦する気持ち。そこに計画と実行を重ねればチャンスは無限にやってくる。 / DAICHI MIZUGUCHI

いちよしに入社した理由は?

当時いちよし証券が採用時に掲げていた、「やんちゃな人材を求める」というフレーズでした。元々私は、大学卒業後に営業職に就きたく、特にその中でもお金を扱う仕事に携わりたいという気持ちが強くあったため、証券会社や銀行等の金融機関を志望しておりました。そんな中、一般的に堅いイメージのある金融業において、堂々と「やんちゃな人材」が必要と言っているいちよし証券に目が留まりました。
それから説明会に参加したときに、いちよし証券を知れば知るほど、「売れる商品でも、売らない信念。」のもとに、真摯にお客様と向き合っている会社であることがわかりました。「そんな会社で是非チャレンジしてみたい!」という欲求に駆られ、いちよし証券を志望し、入社しました。

働きながらも大学に通った学生時代。そこで学んだ事は?

私は、中学校卒業後、高校にも通わずに働いていましたが、当時の職場の上司に、「どれだけ仕事を頑張っても、高校卒業の資格だけは与えてやることができない、自分自身のためにこの資格だけは持っていた方が良い」と言われたのをきっかけに、働きながら高校へ通うことにしました。仕事をしながらの勉学は、とても得るものが多く、まだまだ色々と学びたいという気持ちが強くなったため、大学への進学もしました。そこで学んだことは、一般的な教養ももちろんですが、それ以上に仕事をしながら勉学をすることの難しさ、そして「計画」と「実行」が非常に重要だということでした。日々の単位を修得するためのレポートの提出や試験の合格はもちろん、卒業前には、卒業論文の提出とその論文に対しての諮問試験があるため、年間を通しての計画を立てることと、その実行ができなければ卒業はなかなかできません。物事に対しての「計画」と「実行」は、私が学んだ大きなものです。これは、社会人になった今でも大きく活かされています。

地元名古屋を離れて、大阪で働いた時に感じた事は?

大阪は名古屋からもアクセスしやすいこともあり、遊びに行くことも多かったので、親しみを感じる場所でした。そのため、大阪支店に配属が決まったときには、「これからは大阪で働くことになるのか・・・」とワクワクする気持ちがとても大きかったように思います。実際に働いてみると、担当エリアでは、裏表のない人あたりの良い方が非常に多く、お客様の新規開拓への不安は日々薄れていきました。株式相場が崩れてしまい、お客様にご迷惑をおかけしてしまった際には、お叱りを受けるのを覚悟して訪問いたしましたが、「水口君はアドバイスをくれて最終的に判断したのはこっちだから気にしなくて良いよ、これからも定期的に来てね。」と温かいお言葉をいただきました。これも大阪の方の人柄なのかなと思います。あのときは本当に嬉しかったです。
また、週末には食い倒れの街大阪で食べたり飲んだりを満喫しております。おかげで、入社から体重が10キロも増えてしまいました(笑)。

就活生へのアドバイス

企業は数え切れないほどありますが、好奇心をもって遠慮せず、いろんな企業を見て欲しいです。自分自身の大切な人生です。10年後、20年後を想像して、働く自分を想像してみてください!明るい未来にワクワクする就職活動をして頂きたいと思います。

Q&A 就活中のみなさんの疑問に私がお答えします!

いちよしって、こんな会社
情熱あふれる会社です!
いちよしに向いている人は?
芯をもって行動できる人!
いちよしの好きなところは?
人を大切にしているところ!
(支店の人との仲が凄く良い)
休日の過ごし方
妻と外食したり、大阪観光など!