サステナビリティSustainability

いちよし盲導犬育成プロジェクト

公益財団法人日本盲導犬協会

いちよし盲導犬の育成に注力!

いちよし証券は、2005年度から「公益財団法人日本盲導犬協会」への支援活動を継続的に行っています。具体的には「いちよしポイントサービス」を通じた当社お客様の寄付活動(ポイントサービスは、2013年3月で終了致しました。)当社からの定期的な寄付活動、そして当社の役職員による寄付活動です。

2009年度からは、“いちよし盲導犬”の育成に取り組んでおり、現在、7頭の犬が盲導犬としてデビューしています。

写真:日本盲導犬総合センター (富士ハーネス)で歩行練習中のオルテガ(2009年10月撮影)

いちよし盲導犬 第8号候補犬「ハイジちゃん」

盲導犬ハイジ(写真・文︓日本盲導犬協会 2021年1月)

日本盲導犬協会からハイジちゃんの近況が届きました。

訓練中のハイジは、現在2歳3か月になりました。元気に訓練を行っています。
訓練については現在最終段階となっています。
新型コロナウィルス感染に十分注意しながらも、繁華街の歩行や電車を利用した訓練など応用的な訓練を行っております。

性格

ハイジはとても人間が好きです。また、ハイジは活発に見えて繊細な一面を持っております。とてもコミュニケーションが好きで自発的に訓練に取り組んでおります。

得意なこと

ワンツーベルトを使って、多目的トイレや室内の一角でもスムーズに排せつすることができます。また、電車やバスが好きで、ドアやチェアー(座席)への案内が得意です。

※ワンツーベルト・・・盲導犬ユーザーが盲導犬に排せつさせる時に、ビニール袋とセットで使うことで、床を汚さずに、片付けも楽になる便利グッズのこと。

いちよし盲導犬 第7号 「ゴマくん」がデビュー!

盲導犬ゴマ(写真・文:日本盲導犬協会)

令和元年6月28日(金)に共同訓練を無事に終了し、晴れて盲導犬デビューとなりました。

ユーザーは他の盲導犬協会からの移籍です。訓練担当からの報告では、ゴマの歩行速度と推進力がユーザーの求めるものと一致したことや以前は若干苦手だった繁華な場所・人が多く集まる場所でも慌てなくなった事がマッチングの決め手となり、盲導犬デビューとなったようです。

写真は、盲導犬デビューした威風堂々のゴマです。

いちよし盲導犬

いちよし盲導犬

公益財団法人日本盲導犬協会 公益財団法人 日本盲導犬協会とは

日本で最初に誕生した盲導犬協会で、設立は昭和42年8月10日です。公益財団法人日本盲導犬協会は、盲導犬の育成と視覚障がいリハビリテーション事業を通して視覚障がい者の社会参加を促進し、視覚障がい者福祉の増進に寄与することを目的に次のような事業を行っています。

  • 1.盲導犬訓練施設の設置運営
  • 2.盲導犬歩行指導員、盲導犬訓練士及び飼育管理員の養成
  • 3.盲導犬育成に関する調査及び研究
  • 4.視覚障がい者福祉諸団体との連携及び協力
  • 5.視覚障がい者の社会的生活能力の改善・向上を図るための相談、指導、助言及び
    各種訓練
  • 6.その他この法人の目的を達成するために必要な事

公益財団法人日本盲導犬協会ホームページ
PAGE TOP