いちよし相続ガイド道標ーみちしるべーGUIDANCE ON INHERITANCE

相続の現状 安心できる相続のために

もめない相続、安心できる相続のための次のような準備が考えられます。

準備のポイント

ポイント 1現状の把握

どのような財産をどれだけ保有しているのかを確認します。

ポイント 2遺産分割対策

遺される家族に資産をどのように分けるか。
民法上の規定はありますが、あくまでも原則です。
様々な事情を持つ相続人が、もめないための分割を行うためにはどのような方法があるのでしょう。

ポイント 3相続税対策

遺産分割対策を行い、相続税が課税される場合、以下の2つの対策が必要です。

納税資金対策

相続税の納税資金が不足すると見込まれる場合、生前に何らかの対策を講じておかないと、遺された遺族は資金繰りに苦労する事になります。特に、財産の内訳で不動産が多い方、会社経営者で自社株が多い方はそれらを換金して相続税に充てることが難しい場合があり、事前に対策を検討することが重要です。

課税財産軽減対策

遺族にできるだけ多くの財産を残してあげる為に、現行法に則した方法で、それぞれの家庭の事情に応じて課税財産を軽減する対策を検討することが大切です。生前贈与によって遺産の額を減少させたり、非課税枠の活用や現金を不動産に換える等で相続税の評価額を下げる方法があります。

PAGE TOP