第268話 「iPhone13」発売はいつ?毎年iPhone発売が注目される理由

2021.09.08

株の神様の声が聞こえるというTさんは、定期的にその教えを受けています。今日は、Tさんと神様は、公園を散歩しながら投資談義を行っています。


T:9月に入り少し涼しくなってきましたね。さて、最近巷では新iPhoneの発売が噂されていますが、神様はどうお考えですか?

神様:いつ発売になるかは、アップル社にしかわかりませんよ。

T:やはりそうですか…。昨年と同じお考え( 第219話 スマホカメラから広がる「イメージセンサ」活躍の場 )ですね。

神様:と、言いたいところですが、iPhoneシリーズは毎年秋を中心に新型モデルを発売しています。今年も9月に動きがあるのかもしれませんね。さて、TさんはiPhone発売が注目される理由は何だと思いますか?

T:改めてそう尋ねられると、なんと答えれば良いでしょうか。やはり、iPhoneは常にユーザーの期待に応える新しい機能を追加し、ユーザーを刺激し続けているからでしょうか。

神様:確かにそうですね。iPhoneは2007年に発売開始されて以来、タッチスクリーン、「App Store」でのアプリ追加、有機ELなどの美しいディスプレイ、カメラ性能の向上、イヤホンジャックやホームボタンの廃止、指紋認証や顔認証、5G対応など、常に進化し続けています。

T:次に何が登場するのか、ワクワクしますよね。顧客満足を考えれば、これほど楽しいサービスもなかなかありません。

神様:アップル社が発表した2021年4~6月期の決算は、過去最高の売上高最終利益となりました。そのうち、売上高全体の約半分を占めるのがiPhoneです。今回の決算でも買い替え需要が好調だったことが要因として挙げられています。iPhoneの四半期売上高を見ると、新型モデルが発売される四半期は売上高全体の60%以上を占めることもあります。アップル社だけでなく、新iPhone発売は関連する企業にとっても今後を左右する大きなイベントであると言えます。

T:iPhoneには高い技術力をもった日本の中堅メーカーの部品も多数供給されています。各メーカーにとっても活躍する機会となりますね。

神様:今年はスマートフォン全体でも大きな動きがありました。国際的な調査会社Counterpoint Researchによると、2021年4~6月期の世界のスマートフォンにおいて、アップル社の出荷市場シェアは3位でした。2位には中国のシャオミ(Xiaomi)が登場したことも話題となりました。アップル社がこの結果に対して何らかの手を打つか気になるところです。

T:1位は韓国のサムスン(Samsung)で変わらず、シャオミは低価格スマホが好調のようですね。

神様:世界的な半導体不足が発売に影響するのか、といった点も気になります。また、新機能にコロナ禍の影響を受けたもの、ニューノーマルを反映した機能があるのかにも注目したいところです。そういった新機能が今後iPhone以外でも活用されるようになり、ニューノーマルをリードする機能のひとつとなるかもしれません。

T:いずれにしてもアップル社は今年の新型iPhoneについては未公表ですから、9月の動向を注視したいと思います。

(この項終わり。次回9/15掲載予定)

PAGE TOP