いちよし相続ガイド道標ーみちしるべーGUIDANCE ON INHERITANCE

贈与 暦年贈与

贈与税の2つの課税方式

贈与税には、暦年課税と相続時精算課税の2つの課税方式があります。

暦年課税

個人が1年間(1月1日から12月31日)に贈与された財産の価額に、10%から55%の税率で課税する方式です。暦年課税には110万円の基礎控除があります。

暦年課税の贈与税額の計算式 贈与額-基礎控除額110万円)×税率-控除額=贈与税額
贈与税の税額速算表
課税価額 一般の贈与 20歳以上の者が直系
尊属から贈与を受ける
場合
税率 控除額 税率 控除額
0 ~ 200万円以下 10% - 同左
200万円超 ~ 300万円以下 15% 10万円 15% 10万円
300万円超 ~ 400万円以下 20% 25万円
400万円超 ~ 600万円以下 30% 65万円 20% 30万円
600万円超 ~ 1,000万円以下 40% 125万円 30% 90万円
1,000万円超 ~ 1,500万円以下 45% 175万円 40% 190万円
1,500万円超 ~ 3,000万円以下 50% 250万円 45% 265万円
3,000万円超 ~ 4,500万円以下 55% 400万円 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

基礎控除の範囲内で、計画的に推定相続人に贈与を行えば、税負担なしで生前贈与を行うことができます。また、受贈者の範囲に制限はありませんので、孫を受贈者に含めれば相続対策として効果的な財産の移転を行うことができます。

基礎控除をうまく利用したり、税率の低い部分で贈与を計画的に行えば、相続対策として有効です。

PAGE TOP