いちよし相続ガイド道標ーみちしるべーGUIDANCE ON INHERITANCE

贈与 贈与税とは

贈与税は、相手からの贈与によって受け取った財産に課せられる税金です。
贈与税の主な目的のひとつに、生前贈与を行うことで相続税の対象となる財産を減少させ、相続税をまぬかれることを防ぐことがあります。そのため、贈与税は相続税を補完する性質を持っており、相続税法(昭和25年法律第73号)の中で相続税とともに規定されています。

財産をあげる側またはもらう側の片方が「贈与」と思っていても、双方の間に「あげる・もらう」という契約がない場合は、「贈与」に該当しません(例えば、父母が子供に断りなく、子供の名義で預金をしている場合)。

PAGE TOP