第45話 AIと株式投資(その3)

2017.04.05

株の神様とTさんは、AI(人工知能)関連株に投資すべきか話しています。TさんはAIが人の仕事を奪う等の負の側面を心配していますが、神様は新たな職が生まれるようなプラスの面に目を向けてもよいのでは?と話しています。ただ、Tさんは、AIが、人間の知性を超越し(シンギュラリティ)、コントロールできなくなるリスクがやはり心配なようです。


神様: AIが、人の判断能力や学習能力を超えて、人を支配してしまう可能性については、私にもわかりません。

T:(これまで神様が「わからない」と仰ったことがなかったので驚いて)神様にもわからないことがあるんですね。

神様:それは人間次第だからです。

T:と言いますと??

神様:話したようにAIの活用により人類の進化が加速される面もあります。AIにより健康寿命を延ばすことも可能になるなど、AIが無限の可能性を人類に提供することは確かでしょう。しかし、原子力と核兵器のように、人間の存在すら脅かすように使うこともできます。それをどのように使うかは、最終的には人間が決めることです。

T:今の時点では、良い方向にも、悪い方向にも行く。それは人間次第だと…

神様:そうです。なので、今、あなた方ができることは、勉強することです。

T:勉強ですか??

神様:「自分が理解できない事業には投資しない」と言っていたバフェット氏は、2000年前後のITバブル当時ハイテク株を敬遠していましたが、その後IT(情報技術)関連企業に投資した実績もあります。そのためには、企業の年次報告書や関連資料を穴の開くほど読んだのではないかと思われます。

T:AIについても、毛嫌いしたり、心配ばかりするのではなく、まずは個々の企業を知りなさいと…

神様:そうです。AI関連企業と言われる企業は数多くありますが、真に未来社会にプラスをもたらすAI企業はどの会社なのか、そもそもAIが切り開く未来はどのような社会なのかなど、勉強し続けることが重要です。そして、プラスをもたらす企業を応援する動きを大きくしていくことが、結果的にAIの暴走や誤った乱用を防ぐことになるのです。

Tさんは、AI関連企業について、難しいとか、不安だとか、敬遠するのではなく、子供たちのためにも積極的に勉強し、未来のためになる企業を発掘しようと心に決めました。

<この項終わり。次回4/12掲載予定>

PAGE TOP